綺麗になりたい 30代からの美容術
輝く人生を生きるための美容術
美容編

きれいになりたい 30代~顔も気分もアガる。小顔矯正&美容鍼(^^)/

きれいになりたい、30代、40代の皆様こんにちは!

ナチュラルコスメ販売員のちゃむこです。

あなたは小顔矯正&美容鍼と聞いて、どのようなイメージがありますか?

顔の大きさなんて変わるの?
顔中に針刺してハリネズミみたいでなんだか怖い&痛そう
その場限りですぐ元に戻りそう。
エラなんて削らなきゃ無理じゃないの?

実はわたし自身も、小顔矯正&美容鍼の効果って実際どうなの?と思っていました。

が、ふとしたきっかけで小顔矯正&美容鍼を始めることに。

素直な感想は・・・「もっと早くやっておけば良かった!」です。

ということで今日はみなさんが疑問に感じやすい

小顔矯正&美容鍼の基本情報

体験してみて実際どうだったのか

をお伝えしますので小顔矯正や美容鍼に興味がある方はぜひ読んでみてください(^^)

美容医療しか信じていなかった過去

近年のわたしの気がかりは、お顔のたるみでした。

鏡をみても写真を撮ってもなんだかゆる~いフェイスライン。
もともと20代の頃にニキビやニキビ跡の悩みを美容医療が解決してくれたおかげもあり、美容は医療が一番と信頼していました。

以前たるみのレーザー治療も試したことはありますが、お値段の割に満足度はやや低めだったので今後のたるみ対策はどうしようかな~、と考えていました。

何事も初級、中級、上級とステップアップするように美容医療にも段階があります。

たるみの美容医療の場合

初級→レーザー(肌を引き締めるレーザーを当てる)

中級→リフトアップの糸(口元からこめかみに入れる)

上級→耳の後ろ、頭頂部を切開。皮膚を引っ張って縫う。

いくらたるみが気になるとはいえ、糸をほほに通してこめかみまで吊り上げるなんて考えただけで怖すぎる!

さらに切開してひっぱって縫うなんて、もはやホラーの世界^^;

そんな時、ちょっとした事件が勃発。

わたしはスポーツジムに通っていて、ロッカー内は奥様達の社交場となっていて色んな人の会話が自然と耳から入ってきます。

友人Mちゃんも同じジムに通っているのですが、ちょっとぽっちゃり系。
明るくてとっても愛想も良い彼女はジムでの友人も多く、いつもエアロビクスのレッスンに参加しています。

ある日、会員さん2人がどうやら友人のMちゃんの名前を思い出せずこんな会話をしていました。

女性
女性
あれ、え~っと、誰だっけ?あの、色白のぽっちゃりした・・・
女性
女性
あ、Mちゃん?あの子豚ちゃんでしょ!

この会話にはかなりの衝撃を受けました( ゚Д゚)

しかし、同時に思いました。
ためらうことなく子豚ちゃんという言葉がすらっと出てくるということは、Mちゃんのぽっちゃりイメージが相手の潜在意識に定着してしまってる為、無意識に言葉がでてしまったのではないか、と。

ある人の顔はわかるけど、どうしてもその人の名前を思い出せないとき。

そんな時こんな会話したことはありませんか?

うさぎさん
うさぎさん
あの人、だれだっけ?
くまさん
くまさん
どんな特徴?
うさぎさん
うさぎさん
えっと、メガネかけた背の高い・・・
くまさん
くまさん
あ、わかった。Aさんね!

この場合Aさん=「メガネをかけた背の高い人」と他人から認識されているということですよね。

ということは自分もこのままたるみが深刻化すると

女性
女性
え~っと、誰だっけ?あの顔のたるんでる・・・
女性
女性
わかった!ちゃむこさんでしょ。
女性
女性
そうそう!あースッキリした♡

と、不本意にスッキリされてしまう!
いや、もしくはすでになっているのでは?などと裏ニックネームたるみさんの妄想が膨らんでしましました。

ためしに会社で「わたしのニックネームたるみさんになってない?」
と聞いてみましたがみんな「なにそれ?」と笑うだけで、わたしのニックネームリサーチは失敗しました。(ま、あたりまえですよね)

それまでも、ハリが出るスキンケアを使ったり、毎朝1分のPAOというお顔の筋トレグッズで顔のリフトアップを頑張っていたわたしですが、見た目での劇的な変化は現れず。

たるみを何とかしたいという思いが強いせいか、無意識のうちに耳のうしろで顔を引き上げる動きがクセになっていました^^;

そんなわたしが、意外なきっかけで小顔矯正を受けることに・・・。

体育座りが苦手

わたしは、学生の頃からヨガが好きで定期的にやっているのですが、ヨガをする人=体が柔らかいという固定概念を覆せるほど背中と股関節が硬く体育座りが苦手で、足の爪を切るのすらかなり苦労していました。

立位体前屈(膝を伸ばした状態の前屈)では手は床までは届きますが、座った状態で体育座りをすると太ももとお腹がS極とN極のようにどうしても近寄ってくれません・・・。
よくあるネットで落ち込んでいる人の画像を見るたびにわたしが思うことはただ一つです。

こんなに体がコンパクトになるなんてホント羨ましい!!

そんなこともあり、知り合いの方がやっている美容整体サロンに柔軟性も高めながら姿勢改善をするため定期的に通うようになりました。

その美容整体サロンは整体だけでなく小顔矯正や美容鍼、エステまで幅広くやっていて、オーナーの先生は国内海外で小顔矯正の講師もしているくらい小顔矯正が評判なサロンです。

が、わたしは小顔矯正はうけたことがありませんでした。

そんなある日、施術中に
「最近顔がたるんで嫌なんですよね~」と、何気なく言ったら

「え、何で小顔矯正しなかったの?」と聞かれてさすがに効果を疑っていたとも言えず(笑)流れで、小顔矯正と美容鍼を体験することに。

その結果、なんと・・・劇的にフェイスラインがスッキリ!

でも、しばらくしたら元に戻っちゃうんじゃないの?という懸念もあったのでこの機会に小顔矯正&美容鍼の効果について先生に聞きつつ、さらに自分でも調べてみることに!

そもそも小顔矯正とは?

発祥の由来

元々は歯科医師と理学療法士が顎関節症の改善のための技術でした。
顎関節症の緩和の為にマッサージや関節のズレを元に戻すを施術していたら輪郭がきれいに整い、小顔になることが発見されました。

小顔矯正は何に効果的?

①むくみによるフェイスライのゆるみ→○

デスクワークやスマホを頻繁に使う現代人は肩が凝り、血行不良になるため巡りが悪くなり、老廃物が溜まりむくみやすいので首回りや頭のコリを解すことで顔まわりの巡りが良くなり本来の顔の大きさに戻り小顔になります。

②加齢によるたるみやシワ→○

年齢を重ねると頭蓋骨の骨密度が下がることでその上の皮膚もたるみ、しわの原因となります。耳下からこめかみに広がる側頭筋は骨についたインナーマッスル。そこをほぐしてゆっくりと引き上げて刺激するとで顔全体のたるみやしわしの改善に繋がります。

③筋肉が張っているエラ→○

エラには2種類あって、骨が出ているor筋肉が張っている場合があります。
骨自体の出っ張りを無くすことは難しいですが、実は骨が出ている方はそんなに多くないです。
噛み癖などで筋肉が張ることで、反対側の咬筋が元に戻そうとする力が働き筋トレをしている状態になり、発達しさらにエラが出てしまいます。頭蓋骨からの調整と噛み方を改善することでエラがスッキリしてきます。

④効果の持続性は?

はじめは週1回ほど通い、正しい位置に定着してきたら月に1、2度程でキープできる。

⑤痛みは?

ぎゅっと押されている感じはありますが痛いというほどでもない。頭を触られると気持ちいい。(施術者、サロンによって異なる)

⑥頭痛の改善も

顔にはたくさんの血管、神経があるため頭蓋骨が歪んでくると顔のバランスが悪くなり血管や神経を圧迫して頭痛の症状も起こります。
頭蓋骨、顔面の側面を整えることで頭痛などの症状も改善されるという、嬉しい効果も

美容鍼とセットにされる理由

ちなみに小顔矯正は美容鍼と一緒にされることが多いですが、その理由は相乗効果です。

ここで鍼灸(美容鍼)についての簡単な解説です。

鍼灸は鍼を刺したり灸を据えたりして体に刺激を与えることで不調を改善する手助けをしたり、健康増進を目指す東洋医学の治療法のことです。現在、世界で主流となっている西洋医学に比べるとメジャーな感じがなく「イマイチ信頼性に欠ける」だとか「怪しげ」などという印象を持たれがちな東洋医学ですが、その歴史は西洋医学にひけをとらないばかりか、西洋医学が発達するはるか昔、2000〜3000年前から脈々と研究・研鑽を積み重ねられてきたものです。そんな東洋医学の治療技術のひとつ「鍼灸」は、長きにわたる日陰の時代を経て2010年、ついにユネスコに無形文化遺産として認定されることとなりました。

引用元 モアリジョブ https://relax-job.com/more/

小顔矯正で歪みを正し、美容鍼で内側からお肌を元気に回復させることでより高い小顔効果が得られます。

美容鍼で使われている鍼は髪の毛位の細さなのでほとんど痛みはありませんが、場所によってはズーンと重い痛みを感じます。施術者の腕によって差があります。
鍼の数は多く打てば効くという事でもなく、そのあたりも施術者の技術が現れるポイント。
(このあたりは素人では計り知れない職人的な世界のようです)

小顔矯正は資格が無くても出来ますが、美容鍼は資格が無ければ出来ません。より安心して高い効果の施術を受けたい方のであれば小顔矯正も国家資格者の施術がおススメです。

予想外の反応

小顔矯正をはじめて1か月が過ぎた頃。

その頃から予想外の反響がありました。

サロンで施術が終わって部屋から出た時、待機している奥様に
「小顔矯正したらこんなに顔が小さくなれるの?」と驚かれたり

シニカルで人を褒めることが少ない職場の美意識が高い先輩に
「ちゃむこさん、昭和のくせに顔が小さい」と嬉しい嫌味を言われたり

久々に会った友達の娘さんの第一声が「顔、ちっちゃ!」だったり

友達とランチに行ってマスクを取った時に「え、なんか顔痩せた?」

などとサロンのホームページに載っている口コミのような現象が現実で次々に起こりました・・・。

基本、人の些細な変化は気がつきにくいと思います。

小顔矯正やっていると特に言っていなかったのにも関わらず複数の方から言われたという事はかなり変化があったという信憑性を感じました。

実際に以前の写真をみたところ、口元や頬のもたつきが無くなりシュッとしました。

まとめ

いかがだったでしょうか?

小顔矯正&美容鍼についてのイメージが少しでも伝わったなら嬉しいです。

どちらが良いというよりは、西洋医学が対処療法としたら東洋医学は根本治療といわれるようにそもそものアプローチの仕方が違います。

毛穴治療やニキビ跡など物理的なものに対しては美容医療の西洋医学が即効性があるかもしれませんが、たるみのようなエイジングケアとなると頭蓋骨の歪んだまま物理的に皮膚だけをひっぱっても効果が出にくいことを体験を通し実感出来ました。

そして何事にも通じることですが目先ではなく、基本を見直す大切さを学ぶ良い機会になりました。

もしあなたが、小顔矯正や美容鍼に興味があるけどサロン選びにに迷ったときは、頭部だけではなく全体の姿勢から改善してくれる整体の知識も豊富なスタッフが在籍のサロンがおススメです。

顔がスッキリすると、なんだか気分までスッキリできますよ♪

今日も読んでくださってありがとうございました!

 

ABOUT ME
ちゃむこ
こんにちは(^^♪ ナチュラルコスメの販売員をしているちゃむこといいます。 このサイトでは、女性が幾つになっても輝く人生を送るために必要な美容や健康法、そしてメンタルについてお伝えしていきます。 何事も、気持ちが全てです! もう歳だから・・・なんて思っていたら本当に老けてしまいますよ! もっときれいなりたい、一ミリも老けたくないというあなたはぜひお立ち寄りください♪