綺麗になりたい 30代からの美容術
輝く人生を生きるための美容術
自己紹介

きれいになりたい ちゃむこの自己紹介♪  

ちゃむこの自己紹介です。

こんにちは。ナチュラルコスメの販売員ちゃむこといいます。

このサイトはきれいになりたい30代 40代の女性向けに発信しているサイトです。

が、もちろんどなたでも大歓迎♪

今日はなぜわたしが美容が好きになったのか自己紹介をしますね。

そもそも、ちゃむこって誰?って思いますよね。

ちゃむこは、わたしのニックネームです(^^)

わたしは現在岡山在住でナチュラルコスメの販売員を8年しています。

年齢ははっきり思い出せません、というか思い出したくないのですが1970年代だったはず・・・。

実は昔のわたしは美容とは無縁の人間でした。兄2人と姉が1人いて、その影響でボーイッシュに憧れ制服でしかスカートを履いたことがありませんでした。

いつも母から

「女の子なんだからスカートはきなさい」

と決めつけられることが大嫌いで

「そんなのおかしい。わたしだって男に生まれたかった」

と思っていました。

そんなわたしが、なぜ美容に関心をもったか?そのきっかけをお話しますね!

ニキビに悩まされた歴史

わたしが小学5年生の頃からニキビに悩まされ、
肌荒れがコンプレックスで自分の容姿のことが好きになれませんでした。

周りのみんなの肌は陶器のようにつるっつる。
私の顔にはニキビがいっぱい。

大袈裟とかではなく、ニキビの中に顔があるくらいでした。

わたしのニキビは
病院に行っても、休み時間に顔を洗っても、プロ○クティブをつかっても治りません。(今思えばかなり脂性肌だったので毛穴に汚れが詰まりやすかったのだと思います。)

「なぜ自分だけこんなに肌が汚いのだろう」と暗い気持ちになりいつも周りの目が気になってしまい自信がありませんでした。

周りの友達が恋愛の話をしていてもあまり興味もなかったしいいなーと思う男子がいてもわたしみたいなブスを好きになってもらえるわけない、両想いなんて小説やマンガの中や華やかな世界の人の話だと思っていました。

そして大学生の頃

近所のショットバーでアルバイトをしていました。その頃もノーメイクでショートヘア。

自分に自信もなく頑なだったわたしはメイク=好かれようとして媚びること思っていました。

そこに常連で来る男性3人組のお客様がいました。
その中に物腰が穏やかでナチュラル、めっちゃタイプの人がいました。

彼の髪はボブくらいの長さで、(またそれが似合ってる)いつも男性3人組で来店されるので店員からはゲイ疑惑もありました(笑)

「彼なら、ボーイッシュなわたしでも好きになってもらえるかも??」という安易かつ根拠もない淡い期待を抱き、勇気を出し、連絡先を教えてもらいました。

そこから、2回くらい友達同士みんなで飲みに行ったりしました。が、2人で会うのはやんわりと断られました。

「やっぱり、ゲイなのかなぁ。きっと男性が好きなのかな~。」と思って半ば諦めモードでした。

それからしばらくして、彼が久々にお店に来店しました。

そして・・・

カウンターに座った彼。わたしは久々に会えてテンションが上がりました。

しかし・・・!

ほどなくして彼の隣には女性らしい、長い髪の女性が座りました。

「そっかぁ~。彼女がいたんだ。」そうです。彼はゲイではありませんでした。

(何度も失礼ですが、当時は真剣に思っていたのですみません!)わたしが勝手に自分の都合よく解釈していただけでした。

その時をきっかけに今までの自分が音を立てて崩れていく感じがしました。

「わたし、このままじゃ嫌だ。変わりたい!!」という強いスイッチが入りました。

脱ボーイッシュ計画。

そこからわたしは脱ボーイッシュ計画と決め自分を変える決意しました。

髪をロングにして、メイクもして、スカートもはいて、とにかく女性らしい外見になるために行動しました。

その時初めてコスメを買いに行ったのですがメイク落とすには専用のクレンジングが必要という存在を知り、女性って大変なんだ!!と思った記憶があります(笑)

ネックだったニキビはなかなか治りませんでしたが、メイクをすることである程度は隠せるようになりました。

努力の甲斐もあって大学卒業の頃には女子っぽい外見になれました。

その結果

実は、その頃から気持ちの変化がありました。

いままでは、どうせわたしなんてブス・・・と思って自分が大嫌いで自分を卑下していました。

しかし、自分をもっとよくしていこうと頑張ることで、少しずつですが自分に自信が持てるようになりました。

以前のわたしは、人があまり好きではありませんでした。誰も自分の気持ちをわかってくれない・・・と内にこもっていました。でも、それは違いました。

わたしの気持ちが内側を向いていただけでした。

わたしはボーイッシュを否定しているのではありません。見た目がボーイッシュでも、素敵な女性はたくさんいます。

わたしの場合、少し意味合いが違うかもしれません。より良い自分に変わりたいという前向きな姿勢がコンプレックス解消に繋がったのです。

その自分を大きく変えたツールがわたしにとっては美容だったのです。

きれいになりたいとは、自分を大切にしたいという気持ちのこと。

きれいになりたい、健康で若くいたいという言葉だけでは一見表面的なことに思われるかもしれません。

しかし、化粧品、ファッション、ダイエット業界がいつの時代も衰退しないのもそれだけ美容が人のメンタルに大きな影響を与えているからだと思います。

理想の自分をイメージし、努力することで、変化し、気持ちが高まります。

もっと変わりたい。こんな自分になりたい!

と願う気持ちは自分の想像以上の効果があります。

自分のマイナス面を探して落ち込んでも何も解決しません。同じ時間を使うなら今の自分がどうしたらよりよくなれるかを考えて前向きに行動することが大切だと思います。

もちろん歳を重ねると色々と凹むこともありますが(というか凹むことばかりです)

 

わたしは自分を諦めたくないといつも思っています。

 

ちゃむこが皆様の希望の光となれるように日々頑張っていますので皆さんも一緒に頑張りましょう♡

 

ABOUT ME
ちゃむこ
こんにちは(^^♪ ナチュラルコスメの販売員をしているちゃむこといいます。 このサイトでは、女性が幾つになっても輝く人生を送るために必要な美容や健康法、そしてメンタルについてお伝えしていきます。 何事も、気持ちが全てです! もう歳だから・・・なんて思っていたら本当に老けてしまいますよ! もっときれいなりたい、一ミリも老けたくないというあなたはぜひお立ち寄りください♪