綺麗になりたい 30代からの美容術
輝く人生を生きるための美容術
美容編

恐るべし!運動の美容効果。


きれいになりたい30代、40代の皆様、こんにちは(^^♪
コスメ販売員のちゃむこです。

きょうは、きれいを左右する運動習慣についてお伝えします。

きれいになるにはトータルバランスが大事です。
栄養、睡眠、スキンケア、メイク、エステ、ダイエット、サプリ・・・
どれも必要な要素です。

その中でも今回は運動習慣についてお伝えします。
運動習慣が今後のあなたのきれいの人生を変える、と言っても過言ではありません。

この記事にはこんなことを知りたい方におすすめ

・日本人の運動習慣について
・なぜ30代以降体が急に変わるのか
・きれいになりたい人が継続して増やすべきもの
・わたしのおすすめ運動3選

みんなはどのくらい運動してる?

少しだけ自分の話をします(^^)
わたしは幼いころから体を動かすことが好きでした。社会人になってからもジム通い、ヨガ教室、ダンスなどを習っていました。

最近はカリスマトレーナーAYAさんや、美尻トレーナー岡部さんなどの人気女性トレーナーの影響で運動や筋トレをする女性も増えてきたとは思いますが、
しかし、世の中には運動が嫌い、苦手、と思う女性はまだまだ多い印象です。

厚生労働省が2016年に発表した「国民健康・栄養調査」によると、20〜69歳の男女で日頃から運動習慣がある人は21%しかいない
そうです。

運動しない人の
大体の理由は「習慣がない」「しんどい」「めんどくさい」「時間がない」
などでしょうか。
好き嫌いは誰にでもあることなので、強制はできませんし仕方ないことだとは思います。

しかし!理由はどうであれ
30代を過ぎて運動習慣がない方は
老化への最短ルートを歩いています(^^;

運動をしなければならない理由とは

その大きな理由としては成長ホルモンが減少することです。
同じブログのスキンケアのお話の中でもちょっとふれていますが、
成長ホルモンの働きは大きく3つです。

肌の生まれ変わりを促す

筋肉をつくる

脂肪の代謝を高める 

まずは、こちらの図をご覧ください。
173人に対する調査結果 抗加齢医学入門(慶應義塾大学出版会)より

20歳を過ぎると成長ホルモンが減少します。
それに伴い30歳を過ぎると普通に生活しているだけで毎年筋肉が1%ずつ減少します。
40代で-10% 50代で-20% 60代で-30%・・・


今までと同じ生活しているだけ
では筋肉が衰え、脂肪の代謝が下がっていきます。

つまり筋肉が衰えるとたるみやすくなり、脂肪の代謝が下がると太りやすくなり、
そしておばさん体形に・・・( ゚Д゚)

このように30歳を過ぎてから全く運動しないで若々しくいることはほぼ不可能です。

実際わたしの周りでも30代を過ぎて急に太ってしまったりお腹周りや背中、顎まわりのラインが緩んできたと(:_;)という報告を受けます。(出産が機の方も多いです)

もちろん、人間年をとるのは仕方ないです。
ありのまま、飾らず自然のままに生きていくというのが素敵という価値観だってあります。

若いうちは若さがカバーしてくれます。
しかし大人になりある程度年齢を重ねた場合ありのまま過ぎると清潔感が欠けてしまったり自身の印象がぐんと下がって見えてしまいます。
同じ与えるなら悪い印象ではなく良い印象を与えたいですよね。

最近起こったちょっとした事件

私の働いているコスメのお店にご夫婦が来店され、
共通の友人女性へのプレゼントを探していました。

人気のヘアオイルをおススメしたところ、
ご主人から衝撃の一言が・・・

太って、髪ボサボサでもう女忘れてるから、何やっても無駄!

言い方はひどいですが、ご主人の素直な意見が刺さりました( ゚Д゚)
そのくらい見た目が印象を左右しますよね(*_*;

じゃ、何をどうすればよいの?

それは、基礎代謝をあげるために筋肉量を増やせば良いのです。

人が生きるため必要なのは
①生活活動や食事などに必要なエネルギー 約30%
②体温の維持や心臓を動かすために必要なエネルギー 約70%

基礎代謝の70%を占める体温維持に使われるエネルギーは
筋肉組織内のミトコンドリアでつくられます。
なので筋肉量が少ない人は基礎代謝量が低いといえます。

ですので基礎代謝をあげるには筋肉量を増やすことが大事ですね。

そしてその近道には筋力を高める運動習慣をつくることです。

わたしのおススメの運動習慣 3選

候補①ウォーキング

ウォーキングは誰にでもいつでも気軽にできる有酸素運動です。
効果は脂肪燃焼、血流改善、病気の予防
下半身の大きな筋肉を使うので血流が良くなり美肌、むくみの解消、低体温改善の期待もできますし、一定のリズムで15分以上歩くことでセロトニンというホルモンが分泌されてメンタルも安定します。

ウォーキング自体は良いことですが、それだけでは筋肉へ十分な負荷がかからず年齢とともに進行する筋肉の減少を防ぐことはできないので他の運動と組み合わせるとより良いです。

候補②ヨガ

「わたしは体が硬いからヨガは無理です・・・」
というヨガに対する懸念はよく聞きます。

お気持ち、すごくわかります!

実際私も体は固い方です。
でもそんなのは全く関係ないのです。

雑誌や広告でみるヨガのポーズは柔軟性が高くないと出来ませんがあくまであれはポーズの完成形なので、出来なくても問題はありません

そもそも本来のヨガの目的はポーズと呼吸法、瞑想を組み合わせることによって自分の内面と向き合い、心身共にリラックスさせ、心と体の不調を整えることなのです。

そうはいっても、自分だけポーズが出来ないときは内心焦ります(笑)

ですが、毎回、ヨガのレッスンを終えた後に例えポーズが出来なくても、硬くこわばっていた体も緩み何より心がとっても開放されます。
ヨガの良いところはインナーマッスル(体幹)を鍛えることができるところです。

ちなみにホットヨガも人気ですが、暑い中なので呼吸が乱れやすいこともあり、本来のヨガの目的とは少し意図が異なります。
たくさん汗をかいてスッキリしたい人にはホットヨガがおススメです。

候補③筋トレ

筋トレはちょっと・・・という声が聞こえてきそうですが(笑)
ご安心ください!
筋トレは週2やれば十分効果は現れます
ほとんどのジムでは最初はインストラクターの方と一緒に、自分の希望に合ったメニューを作っていきます。

スポーツジムに行けば
マシンエリア
(体を部位ごとに鍛えられる色々な種類のあるマシンのエリア)

フリーウエイトエリア
ダンベルやウエイトリフティングで本格マッチョトレーニングができるエリア)があります。

女性で全体的に引き締めたい方ならマシンエリアの器具で十分です。
筋肉ムキムキのマッチョたちを眺めながら
「あの人ナルシストっぽいな~」とか思いながらトレーニングするのも楽しいですよ。

筋トレが全くはじめてなら、最初はちょっとしんどいです。
が、続けていれば筋肉が育ってきて少しずつウエイトの重さに慣れてきます。

女性で筋肉ムキムキになるのは相当過酷なトレーニングをしなければならないので筋トレで筋肉マッチョになる心配は一切ありませんのでご安心を!

(ジムに行く時間のない方、恥ずかしがりやさんには自宅で出来るトレーニングもあるのでまたご紹介しますね。)

まとめ

きれいを作る条件

筋肉を付けて基礎代謝を上げる

そのために筋トレと有酸素運動を組み合わせること。

今日おススメした他にもジムのスタジオではピラティスやエアロビクス、ダンス系など有酸素運動のものがあるので自分の好みに合ったものをチョイスすれば大丈夫です。
お家でするなら運動系のYou Tubeや、DVDなどお手本にやるのもありです。

もしあなたが運動を全くしていない状態なら一度に全部始めるのはハードルが高いので何か一つでも運動習慣をつくることから始めるのがおススメです。

何もしなければ今のまま、ではなく確実に老化が進んでしまいます。
美意識を高めることはいくつになって健康でいる為の準備でもあるので、自分のエゴの為だけではありません。

一人ではちょっぴり勇気がない方はお友達や彼、家族と一緒に頑張るのもモチベーションアップに繋がりますよ。

頑張り次第でこんな腹筋もできちゃいます(^^)/

姿勢編につづく♪

 

 

ABOUT ME
ちゃむこ
こんにちは(^^♪ ナチュラルコスメの販売員をしているちゃむこといいます。 このサイトでは、女性が幾つになっても輝く人生を送るために必要な美容や健康法、そしてメンタルについてお伝えしていきます。 何事も、気持ちが全てです! もう歳だから・・・なんて思っていたら本当に老けてしまいますよ! もっときれいなりたい、一ミリも老けたくないというあなたはぜひお立ち寄りください♪