綺麗になりたい 30代からの美容術
輝く人生を生きるための美容術
健康編

マスクを使ってきれいになれる秘訣。

皆様こんにちは!
コスメ販売員のちゃむこです。

突然ですが皆様は毎日マスクしていますか?

2020年4月、日本中で今やマスクが超貴重品
コンビニ、薬局に当たり前に陳列されていたマスク達が全く見当たりません。

ニュースではマスクを探し5時間さまよったり、マスクをきっかけにケンカになったりと、いままででは考えられない事態になっております(^^;)

賢くて器用な皆様は手作りマスクなど色々と工夫されていらっしゃいますよね!

今回の記事にはこんなことが書いてあります。

・マスクのちょっとした勘違い
・マスクのメリット、デメリット
・マスクの意外な使い方できれいになる秘訣

今、マスクといえば・・・

普段わたしはコスメやヘアケア、ボディケア商品を取り扱うお店で販売員をしています。

あれはマスク不足になってきた2月頃、店頭に顔見知りのお客様がこられたので
「こんにちは~」と声をかけました。

お客様が
「今日はマスク探していて・・・」と言われ、わたしはいつもどおりに
「マスクですか?ありますよ!!」
と言いました。

お客様は驚かれ「え、この店にもマスクあるの?」と聞かれました。

「あれ、限定品だから知らないのかな?」
と思ってマスクコーナーにご案内したところ

「これじゃないよ~」と笑われました。

わたしがご案内したのはシートマスク(保湿パック)でしたが
お客様が探していたのは装着するマスクでした。

自店で取り扱うマスクと言えばシートマスクのことなのですっかり勘違いしていました。

思い込みは気を付けたいものです。

ちなみに今回は装着する方のマスクを使った嬉しい効果をお伝えします。

まずマスクにはどんなメリットとデメリットがあるでしょうか?

メリット

ウイルスから肌を守る 花粉対策 外気の刺激から肌を守る

ざっくりいえば顔に服着てる感じでしょうか。

デメリット

乾燥 摩擦による肌荒れ ゴムがきついと耳が痛い

マスクの中って潤うイメージもありますが、吐いた息の水蒸気がお肌の表面の水分を奪いながら蒸発するので逆に乾燥してしまうのです。

また、マスクの摩擦で目じりに小じわができたり、乾燥で肌が荒れるので毎日クリームやオイルをこれでもかというくらい塗り続けて対策が大事です。

マスクの意外な効果とは。

肌が乾燥する、荒れるなど文句を言いつつも・・・

実は、マスクには嬉しい小顔効果もあります!

ご存じでした??

最近、こんな記事を発見しました♪

ユニ・チャームが10―50代の女性5928人を対象にした意識調査では、85・4%が「今よりも小顔にみせたい」と回答。美容やファッションを目的にマスクを使用する「だてマスク」という言葉も世の中に登場した。

マスクによる小顔研究も加速している。ユニ・チャームは福山大学、北海道大学と共同で、見た目の評価を検証し「マスク着用で顔が小さく知覚される」ことを実証した。同じ人物であっても、マスクを着用した方が、顔が小さく感じられるという。さらに、元の顔が大きい程、隠した部分がより小さく認識され、小顔効果が発揮されることが分かった。

ユニ・チャームさん、さすがです。

最近マスクしているといつもより顔が小さい気がする・・・
実際にどうなんだ?と思っていたのでこの検証に納得しました(^^)/

マスク着用で顔が小さく知覚される
元の顔が大きい程、隠した部分がより小さく認識され小顔効果が発揮される

など嬉しい効果ですね!

ま。ここまでは普通ですよね。

しかしマニアのわたしは更なるメリットを発見しました。

それは・・・

マスクに隠れてこっそりエクササイズ

ができることです。

先日マスクの下でコッソリあくびをしている人を見たときに思いつきました。

確かにマスクをしている間小顔に見えますが、
マスクによる肌荒れ問題や、夏の暑い時期などもあるので
この先ずっとして生活出来るか?と言われたら実際ちょっと厳しいですよね。

せっかくならマスクを取った時こそ小顔でいたいですよね?

ということでマスクを使ってきれいになる秘訣とは、

マスクで視覚的小顔効果を得ながら
こっそりエクササイズで小顔を目指すということです。

今回ご紹介するのは、舌を使ったエクササイズです。
日本語は口を動かすことが少ない言語なので舌の筋肉が衰えやすいそうです。

まずはじめに今の舌の状態をチェックしましょう

口を閉じた状態で

舌が全く上顎についてない状態 舌の筋肉が弱っています。

舌の先から奥までまで全て上顎についている状態 理想的です。

舌の筋肉が弱まるデメリットは二重顎になることです。
また口呼吸はウィルスがダイレクトに体に侵入するため風邪を引きやすくなります

舌の筋肉がつくメリットは顔が引きしまりリフトアップすることで小顔に見えます
さらにアレルギーの疾患の人に多い蓄膿症、副鼻腔炎の予防になります。

ということで理想的な舌の位置に戻し小顔になれる3つのエクササイズをご紹介します!
では早速やってみましょう♡

初級編

エクササイズ①
舌全体を上顎にぴったり押しつけて30秒キープ
(舌の先だけではなく舌全体をつける)

30秒行って10秒休む×4セット

中級編

エクササイズ②
歯と唇の間に舌をいれて出来るだけ大きな円を描く。
(ゆっくり大きく回す)

右まわし10回し休憩
左まわし10回して終了

上級編

エクササイズ③
②と同様、歯と唇の間に舌を入れて車のワイパーのように左右に動かす

高速で30秒 1分休憩×3セット

①と②だけでも効果は現れます。
エクササイズ③は少しきついので即効性が欲しい方のみおススメ。

この運動を繰り返すことであごのたるみが解消されます。

今日はこっそりと小顔を作るエクササイズをご紹介しました!
エクササイズをやる前と3日後、1週間後、などスマホで写真に残しながらチャレンジするのもおススメです。

マスクで口元が見えない間にスッキリ小顔を手に入れましょう(^^)/

そして、わたしが毎朝メイクの合間に1分使っている小顔のスペシャルアイテムはこちら。

その名はPAO!

自力とマシンでさらに小顔の効果が倍増しますよ!


マスクを外した時、さらなる小顔効果を高めたい方は要チェックです♪

ABOUT ME
ちゃむこ
こんにちは(^^♪ ナチュラルコスメの販売員をしているちゃむこといいます。 このサイトでは、女性が幾つになっても輝く人生を送るために必要な美容や健康法、そしてメンタルについてお伝えしていきます。 何事も、気持ちが全てです! もう歳だから・・・なんて思っていたら本当に老けてしまいますよ! もっときれいなりたい、一ミリも老けたくないというあなたはぜひお立ち寄りください♪